ウェディングドレスの女性

婚約指輪を選ぶなら|候補の商品を絞り込むとスムーズ

花嫁衣裳のバリエーション

緑のカラードレス

メインとの使い分け

結婚式で花嫁が着るものとしてウェディングドレスを思い浮かべる方が多いと思います。純白のウェディングドレスは花嫁にとっての憧れですし、結婚式を飾る「華」なのでデザイン選びも時間をかけて決めると思われます。しかし結婚式で花嫁が着るのはウェディングドレスだけではありません。式の中で衣装直しを行いますのでウェディングドレスとは違った衣装も用意することになります。メインがウェディングドレスならばサブとして着用するのがカラードレスです。カラードレスはその名の通り、色やデザインもバラエティーが豊富です。式の進行により赤や青といったように衣装を変えていくことで式を盛り上げていくという観点からすればカラードレスも重要な要素であると言えます。

選び方に気を付ける

花嫁にとってはウェディングドレスと同様にカラードレスの衣装決めは楽しみの一つなのですが、慎重に選ばないとそのドレスのデザインがあまり進行内容にそぐわないことになるかも知れません。カラードレスはそのデザインや色合いも特徴的で胸元を大きくはだけたり、スカート丈を大胆に短くしたりすることもあるようですが、あまりに奇をてらった衣装だと花嫁の存在が浮いてしまい、ちぐはぐな印象を与えることになるかも知れません。定番と言えるカラードレスはワインレッドやネイビーといった赤、青系の濃い色合いでウェディングと同じプリンセスラインのロングスカート系が人気があるようです。好まれる理由としては白のウェディングとの色合いのギャップがありながらウェディングと同等の衣装であることから安心感があるのです。いずれにしても忘れられない大切な思い出とするために結婚式に相応しい素敵な衣装を選ぶようにしてほしいですね。